ほくろ除去は皮膚科で出来ます。

ほくろの除去はどこで行えるか知っていますか?
やっぱり見た目が関係しているので美容系の診療科なんでしょうか?
ネットや女性誌の広告などで、ほくろ除去ができるというのを見たことがあるような覚えがあります。
それとも皮膚の事ですからやはり皮膚科に行って相談するのが良いのでしょうか?

ほくろ除去は、美容外科、形成外科、皮膚科といった診療科で対応しているようです。ですがどこの病院でも受け付けてくれるわけではありません。ちゃんとしたほくろ除去の為の設備が整っている必要があり、あらかじめそのような病院を探しておかなければなりません。

ほくろの除去には、大きく分けてメスなどを使って外科的な施術を行う方法とレーザーを照射して除去する方法とがあります。かかりつけの皮膚科などにレーザーがない場合などは、お願いして設備がある病院を紹介してもらうこともできます。

ほくろ除去で心配なのは、傷跡が残ってしまわないかどうかですよね。特に顔のほくろを除去するような時には、傷跡が残ってしまったら大変です。
皮膚科のお医者さんでも、大学病院や総合病院などの大きな病院での勤務経験があったり、大学時代に別の診療科のお医者さんとつながりがある場合がありますので、レーザーやメスを使ったほくろ除去を得意としている美容外科や形成外科のお医者さんに知り合いがいないか聞いてみることをおすすめします。

かかりつけの皮膚科がない時には、形成外科、美容外科と皮膚科の診療科がある病院にひとまず行ってみるというのもひとつの方法でしょう。
またほくろの除去をするかしないかは別としても、気になるほくろがあったら、悪性のものでないかどうかを皮膚科で診てもらうようにしてください。


おすすめ記事
ほくろ除去で病院に行きたくない方へ
ほくろ除去に保険が適用するのかしないのか
ほくろ除去を病院で
| 日記

ほくろのレーザー除去

ほくろには悪性のものも存在します。しかし、悪性でないものであれば、ほくろがあっても健康を害するわけではありません。ただそうと知ってはいても、顔の目立つ場所に大きなほくろがあればやっぱり気になりますよね。もしかすると子どもの頃からずっと悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ほくろのことでずっと悩みを持ったり、コンプレックスを感じていては毎日が憂うつではありませんか?今は病院で比較的簡単な方法でほくろを除去する事ができるので検討してみてはいかがでしょう。ただほくろの除去は病気ではないので、保険は適用されませんので費用的に注意が必要です。

一般にレーザー除去といわれるほくろの除去法は炭酸ガスレーザーを用いるものです。除去したいほくろにレーザーを照射し、ほくろの色素細胞をレーザーの熱により破壊します。

このように聞くとなんだか怖い感じがしますが、炭酸ガスレーザーのほくろへの照射はほんの一瞬ですみますし、また施術前には除去するほくろの箇所に局所麻酔をするので痛みを感じることもありません。

レーザーによるほくろの除去術は、手術用の顕微鏡を使って行われます。その為周囲の正常な皮膚を傷めることなく、除去したいほくろのみに正確にレーザーを照射する事ができるのです。レーザーによるほくろの除去術の最大のメリットは、最小の傷跡でほくろを除去できることだと言えるでしょう。

レーザーによる除去術に向いているほくろは、直径3ミリから5ミリ以下で、隆起していない平らなほくろです。またレーザーの除去術に要する時間は約10分程です。ですがほくろの細胞が深い場合には、一度の照射では完全に除去できない事があります。そういった場合には、1ヶ月以上の間を空けて再照射をすることになります。

レーザーを照射した後、ほくろの部分の色が濃くなる事があります。ですがこれは一時的なもので、大体1〜2週間ほどでほくろの表皮はかさぶたになって剥がれ落ちます。ほくろが取れた後の傷跡は、個人差がありますが、綺麗な状態になるまでに数ヶ月かかる場合もあります。
| 日記

もぐさでほくろ除去

古くから伝わる民間療法として、もぐさを使ってほくろを除去する方法があります。
一般的に「お灸」と呼ばれる方法で、今では特許も取得している信頼できる除去法のひとつです。

ほくろ除去の場合のお灸には一般的なもぐさではなく、ほくろを除去する為のもぐさを使います。
専門的な知識を持った人がほくろを除去する目的で精製したもぐさを使う事でより良い効果を得る事ができます。
お灸ならどれでもよいという事ではないので注意して下さいね。

通常お灸というと、鍼灸院で鍼灸師の資格を持つ人に施術してもらうものですね。
ですがほくろを除去する為のお灸は自宅で自分でも行えるものです。
自分でできるのは費用面からしてもお得な気はしますが、取扱いや火傷などにはくれぐれもご注意下さい。

ではほくろを除去する為のもぐさを使ったお灸の方法をご説明していきます。

まずもぐさを直径1ミリから2ミリ程度の細さになるようにねじり、除去したいほくろに乗せて線香で火をつけます。
大きなほくろの場合はもぐさが小さければ3〜4個は必要です。

脅かすわけではありませんが、一番最初の火はかなり熱いので気合を入れて下さいね。
でもほんの1秒ほどで終わるのでガマンガマン..
2番目からはそこまで熱さは感じなくなります。
このお灸を1日1回で2〜3日続けます。

3〜4日目になると、ほくろの表面が乾燥してきます。
このまま放置して取れるほくろもあれば生き返るしぶといほくろもあります。
それを防ぐ為にはさらにもう4〜5日の間はお灸を続けます。

ほくろによってもぐさが効果的なほくろとそうでないものがあるようです。
色が濃く、輪郭がはっきりしていて平たいほくろはもぐさがよく効くそうです。
逆に効果が期待できない事もあるほくろは、色が薄く輪郭がはっきりしない隆起しているほくろです。
でもチャレンジしてみる価値はあると思います。

もぐさによるほくろ除去はレーザー等のように皮膚の深い細胞まで削ったりしないので痕が窪む事がなく完治も早いです。
ですがその一方、細胞が深いほくろにはあまり効果的とはいえません。

自宅で手軽に、費用も安くて済むもぐさを使ったほくろ除去は、病院での除去を考える前に試してみる価値ありです。
| 日記

ほくろ除去の方法

ほくろ除去に用いられる方法には以下のようなものがあります。

切除縫合法
・直径が5ミリから6ミリの大きなほくろもしくは悪性の可能性があるほくろに適用される方法
・ほくろの表面をメスで切除し縫合する施術法
・ほくろを切除する為傷跡も大きく費用も高い
・抜糸までには約1週間、傷跡の完治までには2〜3ヶ月かかる

◆メリット
 大きなほくろの除去に向いている
◆デメリット
 術後、抜糸した後に傷が開く場合がある

くり抜き法
・直径5ミリ未満のほくろに用いられる方法
・円筒状のメスを使いほくろをくり抜く施術法
・切除術に比べ施術に要する時間が短い
・術後は縫合は行わず軟膏により治療し、傷跡の完治までには2〜3週間。完治後にきび痕程度の凹みが残る

◆メリット
 直径5ミリ未満のほくろの除去に適用すると傷跡がほとんど残らず、施術時間も短い
◆デメリット
 術後稀にほくろが再発する場合がある

炭酸ガスレーザー
・レーザー治療器を用いて皮膚表面のほくろの色素細胞を熱で破壊する施術法
・ほくろに対する瞬間的な照射で、局所麻酔を施す事により痛みもない
・術後は傷跡の保護用にテープを貼る。完治後も完全に綺麗な肌とはならない

◆メリット
 施術法のうち最も小さい傷跡で施術する事ができる
◆デメリット
 ほくろの細胞が深い場合には1度の施術で完全に除去できない場合がある

電気凝固法
・直径が1センチを超えていたり、皮膚が隆起しているようなほくろに適用される方法
・一定の電流を流した金属をほくろに当て、電気でほくろを削る施術法
・削りながら同時に止血凝固する為、出血はほとんどない
・通常は1度の施術で除去可能。細胞が深いほくろは時期を分け数度の施術を行う
・施術時間は5〜10分で、小さなほくろであれば簡単に除去する事ができる

どの方法を用いるかは、施術を受けるクリニックの設備や方針等で異なります。
費用については、通常は切除法以外は保険適用外ですが、保険適用としているところもあるようです。
その場合、自己負担額は5千円〜2万円程で、自費診療の場合は5千円〜5万円程です。

| 日記

医療用レーザー治療によるほくろ除去

ほくろの除去には様々な方法があります。
自宅で手軽に行えるようなものもあるようですが、病院で行われる除去法で多く採用されているのは、レーザーを使った方法です。

レーザーを使ったほくろの除去は、安全性と皮膚に対する刺激も少なく仕上がりも綺麗な事から多くの医療機関で用いられています。
レーザー治療によるほくろの除去で代表的なものは、炭酸ガスレーザーとQスイッチヤグレーザーの2つです。

CO2レーザーメスとも呼ばれる炭酸ガスレーザーは、比較的小さなほくろや盛上がりのあるほくろ等に主に用いられます。
除去したいほくろにレーザーを照射する事で、ほくろを構成している組織内の水分を蒸散させます。
そして患部を切開しますが、止血と凝固も同時に行う為に出血はほとんどありません。

通常のメスを用いる切除術に比べ、術部の周辺組織に与える影響が少なく、皮膚の浅い組織でも切除可能な上に治癒も早いのが特徴です。
ほくろの状況や部位にもよりますが、レーザーによる施術後、傷が治癒するまでには通常7日から10日程です。
ほくろを除去した後の術部は紫外線を吸収すると色素沈着を起こしやすくシミの原因となる為、きちんとケアする事が大切です。

平らなほくろの除去には、Qスイッチヤグレーザーを使用します。
Qスイッチヤグレーザーは、メラニン色素のある細胞だけに反応し、正常な細胞には影響しないのが特徴です。
そういった事から、除去するほくろだけを効率的に除去する事ができるのです。

またQスイッチヤグレーザーは、ほくろ以外にシミやあざの治療にも用いられます。
ほくろの除去後は、除去した部位が一時的に赤みを帯びたりかさぶたになったりする場合があります。

これらのレーザー治療によるほくろ除去は、皮膚科や美容外科、形成外科等の医療機関で受ける事が可能です。
| 日記

ほくろ除去の傷跡のケアについて

レーザーのよってほくろを除去した後は、レーザーを照射した傷跡に肌と同じ色のテープを貼ります。
これは傷跡を保護するのと同時に、紫外線が傷跡に当るのを防ぐ為です。

レーザーの照射によってほくろを除去した後の傷跡は、大体1週間ほどで乾き、かさぶたにようになって剥がれます。
かさぶたが剥がれた後の肌はまだ赤みが残っています。

この状態でほくろを除去した傷跡に紫外線が当るとどうなるでしょうか。
色素沈着が起こり、シミになる場合があるのです。
せっかく見た目を綺麗にする為にほくろを取ったのに、ほくろと入替わりにシミができてしまってはなんにもなりませんね。

ほくろの除去後にできた赤みは、個人差や除去したほくろの大きさにもよりますが、大体半年ほどで目立たなくなります。
女性であればお化粧でさらに目立たなくなります。
ほくろの除去後も、テープを貼った状態にはなりますが、翌日からお化粧しても大丈夫です。

手術によってほくろを除去した場合にも、ほくろの跡が凹んだ状態になって赤みが残ります。
この場合も傷跡に紫外線が当らないように気をつけないと、同じように色素沈着が起こります。

ほくろの除去術は決して安いものではありません。
悪性のほくろ除去の場合は別としても、綺麗になる為にお金をかけてほくろを取ったのに、その後のケアを怠っては意味がなくなります。
赤みがひくまではしっかりと紫外線対策をし、少しでも綺麗な状態に戻るように頑張りましょう。
| 日記

漢方クリームでのほくろ除去

レーザー等を使った美容外科でのほくろ除去が話題になっているようですが、もっと手軽にできる方法があるのを知っていますか?
とっても手軽で、しかも自宅で自分でできるほくろ除去の方法です。

それはどんなものかというと、漢方のクリームを使った方法です。
ほくろ除去用の漢方クリームがあるらしいんです。

自宅でできる上に、漢方成分であれば安全性にも不安はないかと思います。
使用法を充分に理解した上で、正しく使用すれば問題なしです。
ネット通販で購入でき、通販サイトで詳しい使用法や、製品に関するQ&A等の詳細情報も得られます。

自宅で自分で手軽にできるといっても、ほくろを除去した後の部分がどうなるかが気になりますね。
いくら手軽に安くできても、変な痕やシミ等ができてしまっては嬉しくありません。
これについては、一般的なほくろであれば除去後の痕は自分で教えなければ気付かないほどになるという事です。

自分自身はそこにほくろがあった事を知っているので、小さな痕でも気になるでしょう。
ですがはたから見れば教えられなければ全く気付かない程度の事が多いという事です。

この漢方クリームの使用可能な部位ですが、顔のほくろでも大丈夫です。
実際購入する人のほとんどが顔のほくろを除去する目的で購入しているようです。
このクリームでほくろを除去して肌荒れやかぶれを起こした人はいないという事です。
漢方成分であれば優しい成分のはずなので、敏感肌の人でも大丈夫でしょう。
ですが様々な肌質や体質があるので、全ての人に必ず異常がおきないという事は言い切れない事をご了承下さい。


★注目商品通販★

ハリウッド化粧品 ナチュラルEX スポッツビューティ R(イボ用美容液)


関連注目記事
ほくろ除去用クリーム
| 日記

ほくろ除去を病院で

気になるほくろを除去したくても病院で手術をして取るとなると、すごく大事のような気がしますね。
そういった理由で、自宅で簡単にできるほくろ除去の方法はないかあれこれ探す方もいるかと思います。
探してみると、ほくろ除去用のもぐさやほくろ除去クリーム等もあるようですね。

ですがここ最近はレーザーを使ったほくろ除去が主流になってきているようです。
費用も美容整形と比べればそこまで高くない感じなので、色々な美容外科を比較検討してみると良いと思います。

美容整形といえば、芸能人や有名人の整形疑惑は色々と耳にします。
常に名前が挙がる人や、実際に整形前と後の写真がネットに流れていたりもしていますね。
中には「えっ!この人も?」って思うような人もいたり..
韓国ではとても美意識が高く、一般人でも美容整形をするのは当り前のようになっているそうです。

少し話がそれましたが、整形のような大げさな事まではいかないにしても、顔の目立つ大きなほくろなら除去している人は多いかもしれませんね。
ほくろくらいと思う人もいるでしょうが、それが大きな悩みになっている人もいるかと思います。
ずっと悩みを抱え続ける事で対人関係にも影響するようであればほくろ除去を考えるのもひとつの方法だと思います。

ほくろ除去の相談は、都心部の美容外科であれば受け付けているところも多くあると思うのでネット等で調べてみて下さい。
かかりつけの皮膚科があれば、レーザーの得意な美容外科の先生を知らないか相談してみるのもいいですね。
手術と聞くと怖い気がしますが、最近の美容技術はとても優れたものがあり、思っているよりもずっと安心して受けられるようです。
美容外科でのほくろ除去には、レーザーの他にも多様にあるので一度相談してみてはいかがでしょうか。
| 日記

レーザー治療による、ほくろ除去の方法

体のどこを見てもほくろはひとつもないという人はいないでしょう。
少なくとも、私は今までそういう人に会った事がありません。
ほくろがたくさんある人は情が深いともいうようですが、あまりに多いのも美容の観点からすると考え物ですね。

近年は美容医療が目覚しく発達し、ほくろも炭酸ガスレーザー等で簡単に除去する事が可能になりました。
顔でも体でも、どの部位にあるほくろでも除去する事ができます。

顔にほくろが多い方は、できれば全部取りたいと思われるでしょう。
技術的には可能ですが、費用面を考えると全部というわけにもいかないのが現実ではないでしょうか。
全部のほくろを除去しなくても、目立つほくろをひとつ除去するだけで、ずいぶんと顔の印象は変わるものです。

レーザーを使った除去手術を受ける場合は、事前に行うカウンセリングでほくろの状態を詳しく診察します。
その結果ほくろの除去が困難であったり、危険性が伴うような場合は施術をオススメしない場合もあります。

次に方法ですが、レーザーによるほくろの除去手術には炭酸ガスレーザーを使用します。
皮膚の表面のほくろの色素細胞に、レーザー光線を瞬間的に照射し熱で破壊するもので、10分程の施術で済みます。
施術の際は、事前に除去するほくろの箇所にのみ局所麻酔を施しますので痛みはありません。

レーザーの照射後は、ほくろを除去した部分に肌の色と同じ小さなテープを貼ります。
テープはしばらく貼ったままの状態になりますが、洗顔やメイクは翌日からする事ができます。

また一時的にレーザーを照射した部分の色が濃くなる事がありますが自然に収まります。
通常は1〜2週間でほくろはかさぶたになって剥がれ落ちます。

ほくろの除去後は完全に綺麗な肌になるわけではありません。
ですが炭酸ガスレーザーによるほくろ除去は、最小のダメージで傷跡も小さくほくろを除去する事ができます。
ただほくろの色素細胞が深いところまで達している場合には、1度の照射では完全に除去できない場合があります。

| 日記

ほくろ除去による傷跡

美容外科等で行われる代表的なほくろの除去法について、術後の傷跡がどうなるかというお話をします。

切除縫合法を使って除去した場合には、除去したほくろの3倍程度の長さの傷跡が残る場合があります。
ですが、横一直線に切るので、顔のシワと同化してしまえばさほど目立たないでしょう。
くり抜き法を使った切除を行った場合には、ほくろの部位の皮膚を丸くくり抜く為に丸く凹んだニキビ跡のような傷跡が残る場合があります。
5ミリを超えるようなほくろにこの方法を使うと、傷跡がケロイド化する恐れがあります。
また、電気メスを使ってほくろを除去した場合には、傷が治るまでの期間が短く、凹んだような跡もあまり目立たないようです。
ですがこの方法は、浅く削れば再発の恐れがあり、逆に深く削ってしまうと傷がなかなか治らず、跡も残りやすくなります。

一方、メスを使わないレーザー治療による除去の場合には、除去の直後は少し凹みが出るものの、くり抜き法ほど出血もありません。
傷跡も小さく済みますが、ケロイド体質の方や大きなほくろにはレーザーは適していません。
そういった事がなければ、レーザーによるほくろ除去は、傷跡が治った後が一番綺麗とされています。
一定期間をおいて、数回に分けてレーザーを照射するとさらに効果的なようです。
術後の跡はかさぶたのようになる事が多く、新しい皮膚ができた時点でかさぶたは自然に取れます。
ケガをした時のかさぶたと同じです。
無理に取ると肌に負担をかけるので、自然に剥がれるまでガマンしましょう。

かさぶたが濡れてしまわないように、水仕事や入浴の際にはガーゼ等を使ってガードしましょう。
そして除去後の跡にシミを作らない為には、紫外線対策は6ヶ月は続けた方がよいでしょう。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。